MENU

ブラックリストって何

キャッシングにおいてブラックリストという表現をされる事が多いですが、リスト自体が存在しているわけではありません。個人の信用情報機関に金融に関わる利用、返済状況がありデータとして共有されています。このデータについてブラックリストと呼ばれているのですが、金融機関の関係者の間ではそのような言われ方はされていません。

 

返済遅延が起こったりするとデータに残るためキャッシング利用の審査に影響します。データに載ってしまう条件として、3カ月の支払が遅れていると延滞情報として記録が残ります。遅れて返済をした場合でも情報は一定期間残るため(5年間)その期間内のキャッシングが不可能になるため遅れが起こらないようにする事が大切です。

 

また、最悪のケースでは自己破産、民事再生という債務整理が行われると情報は10年間という長期間記録が残ります。当然の事ですがこの期間にキャッシングをする事が出来ないです。お金を貸すのは、やはり返済能力を判断する必要があり過去の返済状況は最も重要な情報として判断されるわけです。そのためキャッシングをする際には、無理のない返済計画を立てて、返済を確実に行う事が重要です。

 

返済をしっかり行っていても審査が通らない場合は、申し込み履歴で一定の期間に集中している可能性があります。複数の申し込みが集中している場合にも審査通過できない場合があります。ただし、一定の期間が過ぎれば申し込めますが、機関によって基準は異なります。
キャッシングランキング業者順