MENU

融資枠と金利の幅

キャッシングというのは、貸金業者などに申し込み手続きをして、審査に通れば誰でも利用できるのです。しかし、融資してもらえる金額は人それぞれ様々であり、また、適用される金利も人によって違いがあります。その融資枠と金利には、実は相関関係があるのです。つまり、融資枠が大きくなると金利が下がり、融資枠が小さくなると金利が上がる傾向があるのです。

 

具体例を一つ挙げますと、たとえば利用枠が1万円から500万円で金利が5%から18%のキャッシング商品があるとします。その商品を、或る人は金利18%で10万円借りますし、別な人は金利10%で100万円を借ります。また更に別な人は、500万円を5%の金利で借りたりもするのです。このようにして、高額の借り入れをする人ほど低い金利が適用されるのです。

 

どうして高額の借り入れだと低金利になり、低額の借り入れだと高金利になるのかというと、それは金融機関が安定的な利益を確保するためです。また、それと同時に、キャッシング利用者の利息の負担分が大きくなり過ぎないようにするためでもあるのです。貸金業者もその利用者も、融資枠と金利のこうした相関関係によって、お互いに持ちつ持たれつ支え合っているようなものなのです。
プロミスの金利